top of page

クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティングは、インターネットを介してコンピューターサービスやリソース(データストレージ、データベース、アプリケーション、ネットワーク、処理能力など)を提供する技術やモデルのことです。つまり、自社のコンピューター資源やアプリケーションを自社のデータセンターに保持するのではなく、インターネット経由でクラウドプロバイダーから必要なサービスを利用することを指します。


クラウドコンピューティングは、従来のオンプレミスのITインフラストラクチャーと比較して、いくつかの利点があります。その利点には、以下のようなものが含まれます:


  1. スケーラビリティと柔軟性: クラウドサービスは需要に応じてリソースを拡張したり縮小したりすることができるため、ビジネスの成長や変化に柔軟に対応できます。

  2. 経済的: クラウドサービスは従量制課金や月額固定料金などの料金体系があり、必要なサービスのみを利用することができるため、コスト効率が高いとされています。

  3. アクセス性と可用性: インターネットを通じてクラウドサービスにアクセスできるため、場所や時間に制限されず、必要な時に利用することができます。また、クラウドプロバイダーは複数のデータセンターを持ち、冗長性を確保することで高い可用性を提供します。

  4. セキュリティ: クラウドプロバイダーはセキュリティに重点を置き、データの暗号化、アクセス制御、セキュリティの監視などの対策を実施しています。また、コンプライアンス要件に対する準拠も提供されます。



これらの利点により、多くの企業がクラウドコンピューティングを導入し、業務の効率性や競争力の強化を図っています。

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page